喉の痛み
〜のどが痛いときは生姜湯(しょうが湯)〜



◆喉の痛み
喉に痛みの原因には、風邪をひいて起こる咽頭炎などの感染気管支炎、扁桃腺が腫れる扁桃炎や扁桃周囲炎、甲状腺の病気、逆流性食道炎の影響、癌などいろいろ考えられます。

喉の痛みを感じるときには、このように様々な病気の可能性があります。 すぐに治るときにはそれほど気にする必要はありませんが、喉の痛みが長く続くときには放っておくと危険です。 そのようなときは、一度は耳鼻咽喉科で診察を受けるのがよいでしょう。


◆風邪で喉が痛いときは生姜湯
風邪が原因で喉が痛いときには、病院に行けば、抗生物質などを処方されます。 その薬を飲めばほとんど治ります。

抗生物質など薬を飲みたくない方にお勧めなのが生姜湯(しょうが湯)です。

手っ取り早く生姜湯を作るのには、すりおろした生姜をマグカップに入れて、蜂蜜(ハチミツ)入れてお湯で割れば、簡単に生姜湯ができます。 生姜湯の材料は、生姜のおろし汁(小さじ1〜2)、お湯(150cc)、ハチミツ(小さじ1)、レモン汁(少々)になります。

生姜には免疫力を高めるジンゲロールが多く含まれています。 ジンゲロールに熱を加えるとショウガオールに変化します。 このショウガオールは血管を拡張し血行を良くするという効用があります。 生姜湯は免疫力を高めるジンゲロールと身体を温めるショウガオールの組み合わせで二重の効果が得られます。

本サイトはリンクフリーです。 リンクするときは <a href="http://xn--80r.jp/">喉.jp</a> でリンクしてください。
©2004-2017 身体.jp | 前ページに戻る プライバシーポリシー・リンク・免責事項 お問合わせ